pino-milkのブログ 〜日々そこはかとなし〜

徒然なるままに…心にうつりゆくよしなし事を綴ります

近いが故に迫力あります

さ〜て、今週の話題は

 

3年ぶりに開催された地元の

✨✨✨花✨✨✨

 

毎年8月の第1週目に地元の商工会主催のお祭りがあって、そのフィナーレに約2,000発の花火大会が開催されます。時間にして40分くらいでコンパクトに終わるし規模はちっとも大きくないんだけど、なんと言っても打ち上げ地点が近い!福岡はもっと大きな規模の花火大会を他の地域でも行っていますが(昔から有名なところだと大濠公園とか)、多分、ここほど至近距離では打ち上げてないと思います。

地元住民たちは浜辺に席(場所?)を陣取って、海上の船から打ち上げる花火を見上げて歓声や拍手で盛り上がる…空いっぱいに降り注ぐ花火の華やかさと、心臓に直接響いてくるくらいの爆音。そして風向きによっては灰も頭上に降り注ぐ💦

この迫力を一度体験すると病みつきになります。

 

例年であれば海浜公園内に露店が並んで、特設ステージでは地元小学生のソーラン節やら、公民館のカルチャースクールの出しものやらでワチャワチャしてるんですけど、今年はそういうのはナシ!自粛!!

ウチのマンションからも花火は見えるから私と夫は現地には出向かず、家でビールを飲みながら鑑賞。あ、音だけ聞こえてたらミルちゃんがビビって吠えまくりそうだから、ずっと抱っこで。案の定、ビビっててずっと花火に背を向けてましたけど💦フィナーレあたりでちょっとチラ見くらい。

いや、コレ、ホントに大げさではなくて、人間より聴覚が優れているから犬にとっては拷問に近いかも?

でっかいのが打ち上がると爆音と振動で、近辺に停めてある車の盗難防止装置が反応して警報音が一斉に鳴り出すんですよ。初めてこの状況に遭遇したときはかなりの衝撃でしたね〜。一瞬、何が起きたか分からない…。

でも、今は、「コレよ、コレ!」ってニヤってしちゃう。

 

さて、3年前はちょうど中学3年生で部活と塾の補講で夏祭りを満喫できなかった娘。中学2年までは地域の祭りという祭りに友だちと出向いていたのに、その年は受験生だから我慢したんだよね。お楽しみは来年以降に…ってコロナで全然ダメだったじゃないか!

娘たちの学年は特にそうなんでしょうね⤵️

今年は…高校の部活の仲間がバスや電車を乗り継いで来てくれました。嬉しいね〜💖

青春らしい思い出を一つでも多く残せたのはとても素晴らしい✨✨

そのお仲間の1人が撮影した花火動画が秀逸でしたので試しに貼ってみます。

やっぱ、iPhone13は画像が美しいですね。

4分半あった動画を、1分17秒にバッサリとカットしましたけど💦

 

 

そして私が3年ぶりの花火に照準を合わせて過ごしている間に、Snow Man界隈にも「なんだコレは?」っていう動きがあってたようで。

その話題にも触れたいけど話がとっちらかるので、いったん終わりまーす。