pino-milkのブログ 〜日々そこはかとなし〜

徒然なるままに…心にうつりゆくよしなし事を綴ります

占いを信じますか?

 

我が家は毎朝、めざましテレビを見ていますが、めざましテレビの『今日の占いカウントダウン』って、賛否ありますよね?占いの順位やアドバイスを信じるタイプと全く当たらないから順位とか気にしないっていうタイプ。私は前者です。めちゃくちゃSuperstitiousな人。

今日のかに座さんは1位✨✨

やったー!

 

でも、今日の予定は午前中、娘の予防接種(子宮頸がんワクチン3回目)に連れてって、昼ごはんをどっかで食べさせて、部活に間に合うように送って帰ってきてから仕事へ…。ホントは計画休暇の予定だったのに、20日の会議が急遽27日15時に変更になったからそれに合わせて出社⤵️なんかゆっくりできそうでそーでもなさそうなビミョーな休暇…。そっか…1位なんだ。昨日、会社で嫌なウワサを聞いてちょっと気持ちが沈んでたから、この星座占いは今日1日への活力の起爆剤になるかな💦

 

と思いながら、朝の準備をしてると…ん?6時前にジョギングに出かけた夫が7時半になっても帰ってこない…会社に間に合わなくなるよね?と思って、夫の会社カレンダーを確認したら、夫も休みでしたー。

 

最近…いや、ここ10年くらいこんな感じで、夫の休みを把握していない。娘が小さい時は、この会社カレンダーと睨めっこしながら休みの予定を立てていたんですけど、娘も大きくなり自分のことは自分でできるようになったくらいから夫の休みをアテにしなくなり、私がペーパードライバーじゃなくなってからは夫の休みをもっと気にしなくなってしまいました。たまにこういう風に予期せずにお互いの休みが合致すると「あれ?休みなの???」という変な空気になります。

そうか…夫も家にいるのか…。

ということは、ランチは夫も一緒に誘わないとかわいそうだな💦とすると、『予防接種が終わった後、夫と合流して、お昼ご飯を食べに行く』という、ステップが加わるんだな…とか考え事しながら、皿を洗ってたら…

 

バキッ!

 

え?え?え?

皿が真っ二つにパキーンと割れてしまいました💦

 

そして、皿がパッキリ割れちゃったことに気を取られていたら、なんか右手首の辺りがヒリヒリ…え?手首、切れてる??

f:id:pino-milk:20210727164201j:image

 

えええっ!

場所的にリストカットした人みたいじゃん!

年齢的にココに絆創膏ってガチで病んでる人みたいでキツイ、キツイ💦💦💦

 

せめてもの救いは右手首だから…

って、道ゆく見知らぬ人が、私の利き手のことなんか知らないか…ホントに今日、1位なのか???

 

そしてお気に入りのたち吉のそら豆シリーズのお皿が1枚ダメになったこともショック…。洋食器より和食器の方が料理を選ばず使える点で気に入ってて、中でもたち吉はリーズナブルで普段使いしやすいので、アウトレットモールに出かけた時は毎回立ち寄ってじわじわと揃えていったシリーズなのに(泣)。コロナ禍になってアウトレットにももう2年くらい行ってないから新しいのもなかなか買えないのに…。

ああ、どこが1位なんじゃい💢

 

うーん…💦朝のスタートがコレで、1日を思い巡らせても特別に良かったことなんて……なかったよ?

せめてもの救いは、娘が機嫌よく注射を受けてくれたことですかね。思春期は機嫌イイ時とそうじゃない時の差が激しいですからね💦

今日、子宮頸がんワクチンの注射を打ったから、コロナワクチンは2週間後以降じゃないと打てないんですって〜。てっきり1ヶ月くらい空けないといけないと思ってたから、2週間と聞いて拍子抜け。さて、コロナワクチンの予約が取れれば…ですけどね。

 

今日のよかったこと…あ、お昼ご飯に久しぶりに大好きな麻婆豆腐の店に行ったことかな?中華の鉄人・陳建一さんに師事したというオーナーが作る麻婆豆腐。今のところ私の中でこの店の麻婆豆腐が1番です✨✨✨

f:id:pino-milk:20210727183301j:image

ランチタイム限定のハーフセット

私はマーボー丼(辛め)と五目そばのセットで。

花椒がほどよく効いてて、しびれる辛さがクセになります。夫は坦々麺(辛め)と中華丼のセットを大盛りで。娘は夏季限定バンバンジー冷麺。写真は撮らせてもらえず💦

冷房と扇風機で店内を冷やしてくれてるのに、夫と私は汗をかきかき食べました。美味しかった〜。

 

 

r.gnavi.co.jp

 

連休最終日に1人東京リベンジャーズ

ああ、もうすぐ4連休が終わってしまう……。

4連休と言っても、夫はずっと仕事だし娘もずっと部活で、結局、朝、娘を学校まで車で送って帰ってきたら、洗濯して、昼食だか朝食だかわからないご飯を食べて、ミルちゃんとグダグダ&ゴロゴロの毎日でした。と言っても気がつけばいつも、ミルちゃん居なくなってたし…ミルちゃんは家の中の涼しいところをよく知っている。

それは…ベッドの下

冷たくて気持ちいいらしい。

 

今となっては、ミルがいない→また、ベッドの下かな?と推測できるけど、1番はじめにこの場所をミルが見つけたのは娘が小学校高学年の時に夏休みに1人で留守番してる時でした。AM11:30ごろ、半ベソの娘から電話がかかってきました。

「ミルちゃんがおらん!家中探したけど、どこにもいない…」

は?どゆこと?

ミル、結構、デカイよ?

チワワなのに4キロあるし💦

 

ドアとか窓を網戸もせずに開けっ放しにしてた?

ベランダは?

どこも開けてないのにいない?

 

神隠しか???

 

心配になったので上司に相談して、昼休みにはちょっと早いけど家の様子を見に行っていいか?と許可をもらった。

 

そしたら、また娘から電話が…。

ミルちゃんがベッドの下に入り込んで、呼んでも出てこん!オヤツで釣って出てきてもらおうと思ったけど、電話を取りに行ってるすきにオヤツだけ持ってかれた💦

 

いや、アホでしょ?なんで、オヤツだけそこに置いたまま、電話取りに行った?

 

仕事を抜け出して様子を見に行こうとしたけど、やーめた!娘に「ミルちゃんはそのうち出てくるだろうからもうイイよ」と言ったあの日から、ベッドの下はミルちゃんのお気に入りの場所。

ちょっと厄介なのは、家主が出かけるのを察知してベッドの下に逃げ込まれちゃうこと。食いしん坊ミルちゃんがケージに入ってくれないとなかなか出かけられなくなるので、準備段階で寝室のドアをあらかじめ閉めておくか、サイコーのオヤツで気を引くか。最近のお気に入りは犬用のゼリーかシャーベット。暑いからね。食い意地はっててよかった💦

 

 

そして部活に行った娘がいつもより帰ってくるのが遅いな〜と思ったら、マンションのエントランス集合玄関から呼び鈴が鳴った。ん?鍵持っとらんのかい?と思ってインターホン越しに見た娘の姿にギョッとした。顔を血まみれのタオルで押さえてて…つか、血だらけ!結構な出血量よ。見た目だけなら

 

1人東京リベンジャーズかよ?!

 

確かに娘は小さい時からよく鼻血を出す子。

2〜3回/年くらいの割合で鼻血騒動があります。

暑かったからね、と心配しながら部屋に上がってくるのを待ってたんだけどなかなか上がってこない…遅い!そしたら誰かとキャッキャッ電話しながら帰ってきた。制服のブラウスまで血まみれで。

本人は鼻血なんてまたか…って思ってるかもしれないけど、周りの人にしてみたらかなりインパクトあるからね!安静にしろよ。

 

連休最終日、買い物も行かずに冷蔵庫一掃キャンペーンで献立を考えました。ほぼ居酒屋メニュー。

f:id:pino-milk:20210725234755j:image

唐揚げ2種(青ジソと赤ジソ)…青ジソはもらいもの

揚げ出し豆腐…実は賞味期限が昨日までの豆腐

れんこんのじゃこ炒め…じゃこの賞味期限が昨日

韓国風たたききゅうり…エスビーシーズニングミックスは美味しいし超便利

 

美味しくいただきました。

 


あと一品…にお役立ち!

 

毎食でもウェルカム〜私の寿司愛〜

今週のお題「寿司」

 

私は寿司が大好物。

いやいや…肉も好きだから正確には『寿司も大好物』。

コレはホンモノです。

 

ここでいうホンモノとは?

寿司なら何でもオッケーという意味。回ってようが回ってなかろうがお寿司屋さんの看板を掲げている店の寿司はモチロン、スーパーやコンビニも含めて大好き。コンビニって手巻きくらいしかないけど💦

ネタもオールOK◎ぜーんぶイケちゃいます。

 

この現象と似ていて異なるものといえば…ケーキ!

ケーキも好きですよ。でもね、美味しいケーキ屋さんのケーキじゃないとダメ‼️だからケーキに関しては“エセ大好物”と認識しています。スポンジがきめ細かくてふわふわで、クリームが軽くて柔らかい口当たりのモノしか受け付けません。コンビニとかスーパーやパン屋さんで売ってるような工場で大量生産されてるようなスポンジがバスバス、クリームこってりの大ぶりなケーキは小さい時から苦手…昭和のケーキ屋さんってそんな感じの店が多かった記憶がありますね。アレってバタークリームだったのかな?だから小さい時は決まってエクレアを買ってもらってましたね。でも、最近はそういうケーキを探す方が難しいですよね。ちなみにウチの近所にバタークリームのケーキだけ売ってる昭和な感じのケーキ屋さん、あります!イ・ビョンホンのポスターがいっぱい貼ってあって(好きなんかな?)よくつぶれないな〜と、通るたびに思います。根強いバタークリームファンがいるんですかね???

 

いかんいかん、寿司でしたね。

ネタの大ぶりなお店の寿司が特に好き。ナイフとフォークで食べるんですか?ってくらい、分厚めなネタがビローンとシャリからはみ出してるイメージ。たぶん、魚が好きなんですよ。こういう話になると、「わかってないな〜。ネタとシャリのバランスが…」っていうお高い寿司屋のウンチクを上から目線で言われたことがあるんですけど、何スカしたこと言ってんの?!寿司語るうえでネタの新鮮さを超えるものは無いんだよ。と心の中で毒づいてました。いや〜、私もまだ若かったからね。いまなら、反論できる!

 

最近はもっぱら回ってるお寿司専門ですが💦

娘が小さい時は特に回転寿司に助けられました。ウチの娘は小学校卒業するまでファミレスでお子様ランチを注文するくらい少食な人。よそのお子さん(女子)は高学年くらいから大人と同じ1人前のメニューを食べてるのをよく見かけますが、ウチの娘はいつもオモチャ付きのお子様ランチ。えー!そのオモチャとか要らないんですけど…と辞退したことも💦さらに小さい時は食欲のムラがあって、ファミレスとか定食屋さんで私の注文したメニューを取り分けするとたくさん食べるくせに(私が足りなーい💦)、娘用に別にお子様ランチを注文するとほっとんど残しやがる💢で、もったいないからパパやママが1.5〜2人分食べるハメになる。も〜、やめて!食べ過ぎです🈵⚠️

そんな子育て世代の救世主✨✨回転寿司✨✨

娘が食べたいものだけ手に取れる✨✨

食べ残しナシ❗️食品ロスなし❗️エコですよ。地球にとっても優しい◎回転寿司は幼児がいるご家庭にオススメです。

 

さて、そんなニーズでよく利用しているのがスシローさんとくら寿司さん。夫と娘がスシロー派で、私がくら寿司派。家から近いのはスシローなので思い立ったときに行きやすいのはスシローなんですけど、できることならその倍の距離を運転してでもくら寿司に行きたいのが本音です。くら寿司オススメポイントは

  1. お値段に対してネタの鮮度と大きさに大満足なところ。いくら安くてもネタがうっすうすのピッラピラのお寿司はガッカリです⤵️食べるけどさ。(あ、スシローがって訳ではないですよ。一般論としてという意味です)
  2. 食べ終わったお皿5枚で1回挑戦できるガチャ“ビッくらポン”があって、娘が小さい時は楽しんで食事してました。あと1枚でガチャがもう1回できるよ!とかいう場合は誰かが満腹なのにイヤ食いするハメになりますけど💦娘が思春期になった今ではガチャが目当てというより、もっぱら「そんなにお皿積み上げちゃって…たくさん食べましたね(クスっ)」っていう他人からの視線を回避できる点で役立ってますね。でも食事中、どれだけの枚数を自分が食べ終えてるのかあまり気にしなくなって、お会計の時に「うわ!結構食ってんじゃん…」って色んな意味で後悔することも時折ありますが💦
  3. くら寿司楽天ポイントが貯まります。楽天ユーザーの私にとってはコレって大きなセールスポイント。持ち帰り用に予約してて夫が気を利かせて取りに行こうとするのも楽天ポイント欲しさに「いや、そこは私が行きます!」と率先して名乗り出ます。
  4. そう!くら寿司の持ち帰りセットの安さ✨1人前セットが500円〜1000円で数パターン用意してくださってますので、組み合わせ次第で予算2,000円〜3,000円で3人家族も大満足なボリューム満点の寿司晩餐が楽しめます。多分、持ち帰りをスシローで予約しようとして、このボリュームを叶えようとすると4,000円〜5,000円の試算だったと思います。ぜーんぜん違う‼️

 

ちなみに持ち帰りはセットじゃなくて単品でもできます。が、私が寿司ネタオールOKなのに対して夫の寿司ネタの好みがよく分からない…💦サバとかアジとかの光モノがダメだったり、ブリとかカツオとか血合いが多い魚は食べない、サーモンも食べない、大トロのような濃厚な脂も苦手、いなりのような甘いものも食べない…彼は寿司屋で一体ナニを食べてるんだろうか???ウニとかエビとかマグロの赤身とか?あ、えんがわも好きだな…。四半世紀一緒にいるけど、寿司屋では私がテンション上がりまくってて夫の皿など全く興味なく…💦それで結局、面倒になって“盛り合わせ”に落ち着いちゃうパターン。好きなネタだけ食べたらイイさ…残ったネタは私が美味しく食べてあげるから💖

 

光モノ系の魚が苦手な夫に対し、私はメチャクチャ大好き。中でも実家の母が作るアジ寿司はサイコーの局地。もう随分食べてないですが…。私は魚が捌けないので作れないんですけど、コロナ禍明けたら作り方を教えてもらうか…いや、でも、バァバの味を超えることはないだろうしな〜。

あと、バァバはお正月用に必ず海苔巻きとレタス巻きの巻物2種を大晦日に作ってました。私たちや姉家族が来るたびにI本ずつカットしておせち料理と一緒に食卓に並べてくれてました。バァバの巻物は具沢山過ぎて端っこから具がいっぱいハミ出してるもんだから、毎回、端っこの争奪戦が繰り広げられてました。普通、端っこって乾燥しやすくてご飯が硬くなっちゃう部分だから美味しくないところなんですがね💦

 

はっ❗️バァバの話してたら、気づいちゃった!

私がここまで寿司好きなのって、バァバの遺伝なのかも?!もう、DNAに刷り込まれちゃってるのよ、多分。

それでいうと娘にもその傾向があるんですよね。寿司とか海鮮丼って聞くと条件反射のように「ヤッター!」って言っちゃってますもん。やっぱアレかな?娘がお腹にいる時、つわりの時期と梅雨時がちょうど被ってて、湿度ジメジメもわもわでつわりのムカムカが倍増して鉄火巻きとかネギトロ巻きしか食べられない時があったんですよね〜。マグロの生魚風味と酢飯の爽やかさが織りなすハーモニー、海苔のパリッとした食感とマグロのとろける食感のコントラスト……。

散々、寿司について語ってきたけど、結局のところ

 

ネギトロ巻きって最強じゃね?

 

コレに尽きますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母たちは我が子がイジメの対象にならないようにいろいろと考えてるんです

先日、娘の高校で三者面談がありました。

今年の担任の先生は現国担当で、冷静沈着に淡々とお話される方らしく、娘は緊張しまくってました。

一通り成績の話を終えたところで、娘について

「ウチの娘は少し陰キャなもので、友達も少ないから心配してたんですけど…」

的なことを言ったら、さすが国語の先生!

「確かにコミュニティは狭いようですが、気の合うお友達はいるみたいです。」

と『陰キャで友達が少ない』を『コミュニティが狭い』という言い方に置き換えて説明してくださいました。なるほど〜!勉強になります。

どうも今年の娘のクラスはパリピのような陽キャの集まりらしく、先生も心配してくださってたようで…💦ありがたいことです。

 

小学校低学年の頃の娘は、他人(特に大人)に何かを伝えることができなくて、話すことすら面倒という子でした。だから弁が立つ友達から謂れのないことで責められて、自分が悪いと思ってなくても説明するのが面倒になってすぐ謝っちゃうってこともしばしば。大人の世界なら、その場を丸く収めるためにいったん謝罪ってのもわかるんですけど、自分が悪いと思ってないことに対しては謝らなくていいんだよって教えてました。

 

私は自分の子育てについてあまり自信がないので、子育てブログを書いているママさんのように『コレがベスト!』とか『こうすれば絶対!』みたいなことは主張できませんが、娘が小さい時から何度も言い続けたことがあります。『ウソはダメ!』とかは大前提なので省きます。

  1. 『知る』ってことはとっても大事。『知らない』ことは結構損してることが多いよ。
  2. 自分の言葉で自分の考え(思い)を伝えるってとっても大事。大人になってからも必要なこと。

 

娘の心にどれだけ響いたのか…は分かりませんが💦

 

小5の2学期のある日、晩ごはんを作っている私のところに娘が来て「今日、私、学校で泣いちゃった…」と話してくれました。普段、学校での出来事を自ら家で話す子ではないんですが…。

 

給食当番が3週に1度のペースで回ってきてましたが、当番の仕事割は1学期からずっと変わらず“大きなおかず”。大きなおかずってメインおかずのことで汁物とかがでんってバケツのような大鍋に入ってて、重たいから2人1組でやる係です。そしてそのペアも出席番号順に雑に割り振られてて、クラスでも1番発言力のある女の子(Mちゃん)と組まされてました。Mちゃんは放送委員もやってて、委員会の仕事も3週に1度あるらしく大抵が給食当番の仕事とお昼の放送委員の仕事の時間が被るから、給食当番の仕事はやらずに委員会に行ってしまって、娘は1人で大きなおかずを運んでました。時折、娘が1人で大変そうなのを見かけた別のお友達が運ぶのを一緒に手伝ってくれてたらしいです。

その日はMちゃんも委員の仕事がなく給食当番に加わっていたのですが、食器担当のMちゃんお気に入りの女の子のペアがお休みだったようで、「え〜!もう持てーん。助けてぇ!」と言われて、自分の担当をほったらかして食器のお手伝いにキャッキャッと行ってしまいました。

娘は大きなおかずを前に、今まで堪えてた何かがプツッと切れちゃったんでしょうね。涙があふれてきたらしいです。それを見たMちゃんは「は?こんなんで泣くなんて〇〇(娘)がバカなだけやん?」と言い放ったそうで…。

 

この話を聞いて、私の中の『2.自分の言葉で伝える』が担任に対してメラメラと沸いてきました。

担任はその年で定年を迎えるオジさん先生でした。あまりにも手抜き…任せてると言えば聞こえがいいでしょうけど、それはちゃんと大人が見ていて管理している状態であればイイけど、おそらく見てないよね?まず、熱い汁物が入った大鍋を1人で運ばせてることにリスク管理がなってない!しかもウチの娘は学年でイチニを争う小柄さん。ヤケドでもしたらどうしてくれるんだ?!ひっくり返しでもして、クラスのみんながおかずを食べられなくなったらウチの子のせい???

翌週に学校行事があったので、担任に直接言いました。

  • そもそも委員会の周期と給食当番の周期がおなじで、毎回その時間にどちらかの仕事ができないなら、物理的にムリでしょう?Mちゃんの給食当番を見直すべき。
  • 熱い汁物が入っている重たい大鍋を1人で運ぶなんて危険です。手伝ってくれる子もいるそうですが、毎回ではないので、ちゃんと見てください。
  • 多分、Mちゃんも引くに引けなくて言い放っただけとは思いますが、泣いたのはウチの子がバカだからではありません。それだけ我慢していたということです。真摯に受け止めて体制を是正してください。

 

先生にお話した後からは、娘から何も聞かなかったので恐らくMちゃんに注意したとかそんなところでしょうけど。そしてこの件があったからではないですが、子どもの世界って勉強とか運動とかが自分より劣っていると感じたらイジメ対象になりかねないから、運動はムリだとしても勉強だけは他人にバカにされないようにしっかりやりなさいと教えました。本来の学習って自ら率先して好きで行うのがベストなんでしょうけど…💦

 

我が子がイジメられないように、バカにされないように母たちはいろいろ考えているんです。

 

小学校3年生の時に、ママ友数人とランチしていたら、ある男の子のお母さんが言ってました。「ウチの子は体が小さいから…そういう子って中学生になった時にイジメられそうだから空手を習わせようと思うの」

結局、体験入会したらしいですけど「痛いのはイヤ!」と本人が言うので入会はしなかったみたいですが💦その時に初めて、男の子って体の大きさでイジメの対象になったりすることもあるんだ…って知りました。でも、その子は歳の離れた姉兄のおかげでクチ達者で頭も良かったし、バドミントン部で毎日毎日ランニングさせられてマラソン大会3位に入賞するほどに苦手だった運動も克服してイジメと無縁の中学生活でした。

 

他にも赤ちゃんの時から同じ保育園に通ってたYくんも、ナヨッとした見た目でイジり対象になることはあっても本人が全く気にしてない。なぜなら彼は学年でイチニを争う学力の持ち主で、毎回、定期テストでは信じられないくらいの高得点を出してて先生からも一目置かれる存在でした。多分、自分をからかってきた人を彼自身が相手にしてなかったのではないのかな?でないと、思春期の男の子1人で女子しかいない吹奏楽部で3年間過ごせません。賢い子はシンがブレてない!

 

というわけで、私の勝手な意見ですが、我が子には自信が持てる何かが身につく環境を整えてあげることが、親ができるイジメに対する最大の防御策なのかな?と思います。我が子を褒めるだけでなく、時にはその努力に対して叱咤激励も必要だと思います。

 

さて、小5の時、みんなの前で「バカだから」と言われたウチの娘ですが(決してバカではないと思ってますが…成績は中くらい?)、中学の3年間を厳しい吹奏楽部で揉まれたことと、受験勉強を乗り越えて高校では学業特待の資格をいただいたことに自信をつけたのか、少しは成長の兆しが見えてきました。

先日、娘は部活の先輩2人から推測で文句を言われたそうです。「あなた、〇〇って思ってるから✖️✖️なんでしょ?そんなんでイイと思ってるの?」と。娘はすかさず「え?誰もそんなこと言ってないですよね?」と反論したそうです。

もう、ビックリ‼️

あの娘ちゃんが…。

今までだったら、面倒だから、絶対聞き流してるでしょ?それが今では自分の意見を言ってるよ。

成長したな〜!

母さん、なんだか嬉しいよ。

相手が先輩ってのが一足飛びっぽくて、ちょっとコワイけどさ…💦

 

 

ホントはイジメる側の子を何とかすることが重要なことは理解してるんですけど、ウチの娘が他人に興味のない陰キャなもので、そっち側になることが考えられないため、どうしても防御策しか思いつかず…面目ないです💦

 

でもでも、全お母さんを代表して言わせていただきます。我が子が将来、自分のチカラで歩いていけるように世の中のお母さんは色々と必死で考えてるんです。

イジメっ子達よ、ナメんなよ💢

他人の人生の邪魔とかしてる場合じゃないと思うよ。それが汚点となって、いつか自分に跳ね返ってくるかもしれないんだからね。

 

 

以上です。

 

 

 

イジメを受けた方は今でも…

ワイドショーの話題は『小山田さん』の話ばっかりですね。でも…私、小山田圭吾さんを存じ上げない…知らないんですよね〜.。

オザケン”は知ってます。“コーネリアス”という名称も聞いたことあるような…???

でもWikipedia見たけど、全然わからず…💦普通、何かしら1個か2個くらい自分の記憶にヒットする作品がWikipediaの中にあったりするんですけど、全く、ない!ホントに40代50代の世代に人気があった人なんですか?私、40代後半ですけど、わからん!

 

そもそも、この人といい木下優樹菜さんといい、大人になってから公の場でイジメた側の人間が自分の武勇伝のようにその内容を話すっていうことがあり得ない。周りの人ドン引きするのわからないのかな?頭悪いんだろーなーって思われてるのも気がつかないくらい常識の感覚がズレまくってて、天狗になっちゃってるんでしょうね。木下さんの場合、随分前ですがTV番組の中で、『ウソをつく八方美人な友達が気に入らなくて、彼女の話に出てくる該当者を全員集めて、彼女の前で1人ずつ話の真相を聞きだしウソを暴いていって彼女を学校に来られなくしてやった』って得意げに話していて、ああやっぱりこの人はアホなんだろうなーと思ったのが記憶にあるんですよね。小山田氏とは程度の差はあるんですが、その後の相手の方の人生を変えてしまったんじゃないかな?という意味では同罪です。小山田さんのイジメの内容は、あまりにもひどいのでここで語りたくもないですね。犯罪レベルでしたね。

 

 

さて、上記の件をふまえて、知り合いの息子さんの話を…。

 

彼(以下Kくんとします)は、小さい時からとっても優しい子でした。勉強も運動も得意ではないけど、2歳年下の妹の面倒をしっかりみてて、妹さんもワガママを聞いてくれるお兄ちゃんが大好きで今でもとっても仲の良い兄妹。幼稚園の時に少し身体の大きな乱暴な友達がバシバシKくんを叩いてるのを見てしまったお母さまがKくんに「あんなに叩かれて…Kくんも少しは叩き返した方がいいんじゃない?」と言うと「イヤだ!そしたら〇〇くん(相手の子)も痛いやろ?だから僕は〇〇くんを叩かない。」って言ったというエピソードを聞いたことがあります。

 

そんなKくんが中学校に入ってからのこと。彼は見た目もヒョロヒョロっと細く小さく、バスケ部などの運動ができる男の子たちのイジリ対象となってしまいます。Kくんは「やめて!」と意思表示をしたにも関わらず悪ふざけは続いて、中1の1学期終わりには教室に行くのもしんどい状態になってしまいました。

中学校には、学校には登校はできるけど、様々な理由で教室に入れない子のために『こころの教室』という学級もありました。以前でいうところの“保健室登校”のイメージです。クラスで一緒に授業は受けることができないけど、こころの教室で過ごすことができれば一応出席扱いになります。ですが、やはり授業を受けてないので勉強はどんどん成績が下がっていきます。そうすると余計に学校に行きたくなくなります。登校途中で毎日のように腹痛に襲われてそのまま帰宅してしまいます。そのうち、朝はトイレから出られなくなって家からも出られなくなってしまいました。負のスパイラルです。

彼は苦しんで涙ながらに、お母さまに胸のうちを綴った手紙を送った話も聞きました。私は教室に行けなくても、彼の将来のためにも学習だけは家で身につけさせた方がよいと何度も言いましたが、もともと勉強が苦手だったこともあり試験も受けたり受けなかったりで、家庭教師が週2回来て教えるだけでは学習の遅れを到底まかなえるほどには至りませんでした。結局、志望高校を選択するときに、出席日数と学力低下のためにKくんが進学できる学校は通信制高校しか選択肢はありませんでした。

 

ちょっと話がズレますが、不登校でも家で独学で努力してしっかり学べる子もいます。なので、全てがKくんのケースに当てはまるわけではないです。しかし、Kくんのお母さまはそう感じてません。

 

中学卒業後にKくんのお母さまとランチしていた時に、彼女が怒りを口にしました。

「イジメの加害者であった子は第一志望の公立高校に行けて、ウチの子にはその選択肢すら無かった。悔しい…。」と。

この時、私は彼女とは違うベクトルでこの件をとらえていたので彼女に対して全面的に同意ができず、

「因果応報だよ。そのうちその子だって痛い目にあう時が来ると思うよ。」と返しました。

多分、私の発言は火に油を注いだのかもしれないですけど…💦

「いつなのよ?だったら今すぐにでも、その子のところに行ってその子がやったことをその子の親に分からせてやりたい!」

 

うーん💦話がこじれてきた…。

実は私は子どもがそんなに好きではない。

自分の娘とか甥っ子とか姪っ子とか身近な子は別よ?娘がイチバン!親がしっかり責任持たないと!

娘を守るのは親の私。

 

よその子に興味がない…

 

この場合、イジメっ子の方ね。

 

Kくんについては、この3年間散々アドバイスしてきたつもり。後は親であるお母さまの判断なので。

 

イジメっ子の方はね…その子の将来なんて、他人の私の知ったこっちゃない。嫌われ役を買って出てまで道を正してやる価値なんてないと思ってるんですよ。

 

それよりも大事な我が子がどんな苦難にも立ち向かっていけるように、強いココロを育てていけるような環境を整えた方がよくない?ってのが本音でして。生きていくのに優しい心はすっごく大切。でも、それだけでは社会に立ち向かっていけない。手助けするのも大事だけど、自らの強い心を育てないと、世の中には他にも立ちはだかる壁がたくさんあるかもしれないじゃないですか?※

不登校だったから勉強ができないってのもちょっと違うような…まあ、理由の大部分にはなるんだけどね💦

 

んーでも、これって予防の段階では効くけど、もうイジメの被害者になっちゃった後ではキレイごとの話になっちゃうのかな〜。

 

とにかく加害者側が悪びれなくやった行為でも被害者は一生の選択に関わる事柄も、思い描いていた未来も、その後の人生を変えられてしまったかもしれないんですよね。小山田氏のようなイジメっ子はいろんな人の恨みを背負って生きてることに気づかずに、更に公の場で武勇伝として語っちゃうアホ。今さらだけど天罰がくだったんだろうな…と。

 

※ちなみに「強い心を育てて」と言っているのは、Kくんだったりウチの娘であったり…健康体の子に対してであって、小山田氏の被害にあわれていた方のことではありません。

 

 

【因果応報】

(三省堂 新明解四字熟語辞典より)

人はよい行いをすればよい報いがあり、悪い行いをすれば悪い報いがあるということ。▽もと仏教語。行為の善悪に応じて、その報いがあること。現在では悪いほうに用いられることが多い。「因」は因縁の意で、原因のこと。「果」は果報の意で、原因によって生じた結果や報いのこと。

 

 

ちゃんとマジメに毎日を過ごすことを心がけます。

 

 

ラウール回と思っていたら佐久間回だったシブヤノオト

土曜日は8時間生放送の『音楽の日』、それが終わってからの『情報7days』ぶっ通しで9時間半…その上、日曜日の朝10時はラジオ『日曜天国』約2時間。TBSさん、安住さんを働かせすぎです。もう、若くはないんだからあまりムリさせないでください。

 

さて『音楽の日』、中居くんとSnowManのかけあいも微笑ましかったです。

「(売れている)実感はある?」という中居くんの質問に

「ファンの皆様のおかげでということを…」と大人な対応を見せるふっかさん。と、

「もう、普通に買い物とか行けないです。歩けないです。」とボケをかましたこーじくん。

「ウソつけよ!今から(買い物)行ってこいよ」って中居くん、若い後輩と掛け合いができて嬉しそー。

そしてよぉーく聞かないとわからないくらいの声で

「え?今から歌うのに?」ってボソっと言ったさっくんの声…ちゃんと拾いましたよ。

 

そして『D.D.』と『HELLO HELLO』を披露。

今日は特に、全員ビジュ良いです✨✨✨

衣装もオシャレ。

…ふっかさん、みんなの期待に応えてきっちり回収してくれました。そりゃ、TBSさんは言い出しっぺだからね。打ち合わせ済みだと推測してますが、しっかりカメラで“ 無 ”になっているふっかさんを抑えてましたね。対角線上の遠巻きから近寄ってて…微妙なニマッ!てのもちゃんと確認できました。つか、無になってるとこ、振り付けがもはやフリーじゃないし💦そこ、サビのとこだから💦💦💦大丈夫そ???

でも、ま、とりあえずバナナサンドの一連の回収はできたということで…もう、終了ですよね?

 

と、思ってましたが…

 

その後のNHK『シブヤノオト』

前回、トラジャのピンチヒッターで出演した時は、ラウちゃんが年齢的に夜11時の放送の番組に出ることができなくてトークの時は等身大パネルを置かれてたので、今回がラウール初出演回。

ということで、トーク部分はラウちゃん中心に…。

そして『HELLO HELLO』

え、え、え?ふっかさん?

ココでもサビで“ 無 ”になるの???

NHKはダメでしょ?!って、私の中の大人な部分が動揺してます。しかもサビ!

民放と違って、視聴者の層がちょっと違う気がするんだけど…。サビで1人だけ斜め45度外側を向いて佇んでいる…いかん、ふっかさんが“みんなのたぁ坊”に見えてきた。ホントに大人に怒られないのかな?って、ふっかさんも既に29歳。イイ大人なんで、ヤバかったらしないですよね💦

うん、気になって録画したものを再度見てみると、カメラワークが『TBS音楽の日』と同じだ。対角線上から1人ずつアップ目に撮影していきふっかさんの左側からまわり込んでふっかにロックオン。ああ、そういうことなんかな?スタッフと打ち合わせ済みだよね、きっと。じゃ、納得………いかんいかん、違う違う!心配してるのはファンではない視聴者からの問い合わせやクレームよ。NHKの場合、すぐ投書とか来そうじゃない???大丈夫かな〜💦もうそろそろ動いてるふっかさんが見たいから、元に戻して〜‼️

 

と、ヤキモキしてると、次のゲスト・ウマ娘さんの紹介始まってました。知ってます?ウマ娘

私は…娘の友達がアニメにハマってて、学校にいる間ずっと隣で歌ってるらしいので、ここ1〜2ヶ月前から娘にもその歌が移ってて

 

うーーーーうまだっち

うーーーーうまぴょい うまぴょい

 

としょっちゅう何気に歌ってたから、聞いたことはあったけど?というレベルです。

 

育成シミュレーションゲームで、競走馬を萌え擬人化したキャラクターである「ウマ娘」をトレーナーとして育成し、「トゥインクル・シリーズ」と呼ばれるレースでの勝利を目指すストーリーらしい。(Wikipediaより)

レースに勝利すればウィニングランではなくウィニングライブを行えることから、それを目標にしてトレーナーはウマ娘を育成するらしい。

 

ウマ娘のキャスト(声優さん)達が2組目のゲストとして代表的な曲『うまぴょい伝説』を歌うとのこと。歌の前のトーク…あれ?Snow Man、さっきと席が変わってる!2列目にいたさっくんが1列目に出てきて、岩本さんが2列目で微笑んでる。もう、ここからさっくんウマ娘愛が止まりません💖「呼んでいただいてありがとうございます」と感謝するもMC川島さんから「別に佐久間くんのためだけに呼んだわけではない」とツッコまれる。

「僕もトレーナーさんをやらせていただいて、アプリで言うと全キャラ持っていますね。課金が止まらないです」さらにアニメのウマ娘の面白さを延々と語る…ウマ娘さん達が説明しなくてもさっくんがずっとしゃべってる💦ガチ勢すぎてトウカイテイオーの人から「あら?もしかしてキャストの方ですか?」と聞かれ、「いえ、僕はウマ娘、一切関わっておりません。」と、オチつけてましたね。

 

さて『うまぴょい伝説』のパフォーマンスです。

さっくんに2回ほどカメラに抜かれましたが、めちゃくちゃ激しい💦1人だけ立ち上がってステップ踏んでコール全開!ヲタ芸全力です。楽しそー。全力すぎてカワイイ💖

もう、大爆笑しました。

 

 

ウマ娘さん達のパフォーマンスの後、川島さんが「佐久間くん、『HELLO HELLO』よりも声出てたよ」とツッコむ場面も💦

 

とまあ、今回のシブヤノオトは「ラウール初!ふっかサビで止まる!さっくんヲタ炸裂!」と…なかなかのカオスだったと思います。ウマ娘ファンの方々にもSnowMan佐久間大介を認知されたようです。やっぱさっくんスゴイよ。

 

さて、そんなSnowManが『滝沢歌舞伎』で披露している『Black Gold』を美 少年がサマステライブでキレッキレダンスで披露する予定だとネットニュースで拝見しました。藤井くんの振り付けらしいです。そろったダンスをやりたいということで、この選曲になったらしいです。そーよね?マンズ兄さんたち、ダンスそろってるもんね。カッコいいよね。ということで、 少年のパフォーマンスがどんな風に仕上がってるのか楽しみですね。って言っても、地方在住で観に行けないからYouTubeにダンス動画あげてくれないかな〜。

2年半前の金スマSPを掘り出して涙ぐんだ話

SnowMan4thシングル『HELLO HELLO』発売記念YouTube生配信を見て、またまた湧いてしまいました。毎度のことながらYouTube側さん、楽しいひとときをありがとうございました。

決められたシチュエーションの中で決められた頭文字を使って早押しで胸キュン台詞を言うというゲーム?企画の中で、めめが「これ以上言うのは危険!」とか「危ない」って途中で止めちゃったのはナゾでしたが……目黒さん、何を言おうとしてたの???

そして肝心のところを聞き逃したことが、残念でなりません(泣)

受け取ってくれよソーセージ

それまでずーっとイヤホンで別の配信聞いてたはずの娘が何か話しかけてきて聞き逃した…結構、しっかりめに『ソーセージ』言うてたみたいですね、しょっぴー。ううう…受け取り損ねました💦

 

これは私に限らず母親の本能なんだろうけど、どんなに真剣にテレビを見てても我が子の声が同時に聞こえたらテレビの音声より耳(脳?)がそっちを拾っちゃうようにできてるんですよ、恐らく。だから、娘が小学生くらいまでは、こっちが何してようとお構いなくずっと喋りかけてくるから、どんなにドラマに集中してても、耳が勝手に娘の声を拾ってしまって、ドラマのあらすじとかセリフとかがほとんど頭に入ってこない!それで、「もぉ〜💢ママ、テレビ見てるんですけど!」となるんですよ。コレ、自分が母親になって気づきました。だって、夫の声はテレビに負ける時ありますもん。でも娘の声は無敵。最強!やっぱ本能ですよ❗️

 

そして生配信でも、ふっかさんの“棒立ち”は健在でした。

pino-milk.hatenablog.com

 

え?今後ずっとコレなんかな???

でも…あのダンスがフリーの間奏部分になったら、ふっかさんを探してる自分がいて……あれ?れ?コレってもうふっかの(いや、日村の)術中にハマってる???

 

 

いまこんなに勢いのある、ノリに乗ったSnowManを見てて、ふと思い出したことがありました。

実は…タッキーが引退する直前の2018年12月28日放送の金スマSPの録画を消すことができなかったんですよね。別にタッキーのファンではないけど、あの整った顔立ち、芝居をするときは徹底した役づくりの努力を怠らない姿勢、インタビュー等の受け応えからするとすごぉーく性格も良さそう(いや、ホントのとこは知らんけど)、そんな人が今後は表舞台に立たなくなるというのを認めたくなくって、いくら演出の才能もあったとしても裏方の仕事だけに専念するにはもったいない…というのが今でもあって、再度番組を見なおそうと思いました。

 

番組はタッキーの小さい頃の生い立ちからジャニーズ事務所のオーディションを受けたきっかけ、ジャニーさんや翼くんとの出会い、その後のJr.黄金期を中心で支えた苦悩、ジャニーさんから学んだ演出のヒント、ジャニーさんの後を継いでマネジメントや演出に専念していこうと決めた経緯などが再現ドラマを交えながら紹介されました。少年の頃から深い信頼を築き上げたジャニーさんとのエピソードは見ていて自然と涙が出てきます。番組の演出なんだろうけど、まんまとひっかかるタイプです。。。

かつてタッキーをリーダーとして一世を風靡した“Jr.ブランド”を守りたい、Jr.の育成に力を注ぎたいと言うのがタッキーが表舞台から引退した理由の一つです。あれから2年半…ジャニーさんが亡くなって、状況はだいぶ変わりましたが、タッキーは“Jr.の育成”のために今までの人生を切り替えて、新会社を設立し、手腕を奮っているのです。

「タッキーがJr.をゴリ押ししていろんな番組にねじ込むから、デビュー組の仕事までとられてる気がする」とか『滝沢のお気に入り』=『タキニ』とかのアンチコメントを見かけると嫌〜な気分になってましたが、違うんです!タッキーはブレてないんです。この2年半、ネットニュースやコメントで『滝沢の粛正』だの『タキニ』だの皮肉めいた文言を見かけましたが、タッキーが自分の仕事をきちんとこなしてる証拠なんだと、この金スマの録画で納得しました。

最近、何かの番組で(少クラだったかな?)、「ジャニーさんはJr.の番組には必ず現場に来ていた」という話をしていました。そして、初めてコーナー出演する子のことを先輩MCに前もって「初めてだからよろしくね」って口添えしていたことも明かされてました。おかげで先輩MC(A.B.C-Z河合とかWEST桐山とか)の方が緊張した…と。Jr.を大事に育てようとしていたジャニーさんの思いをタッキーはしっかり引き継いでいるんだなと感じます。

 

番組後半で大竹しのぶさんがタッキーに

「ファンのために生きるわけじゃない。自分のために…」

と言うのを中居くんが制して、マジメな表情で

「いや、ファンの子、大事です!」

このやりとりが2回ありました。

もぉ〜、中居くん、泣かせてくれるね〜。

 

そうなんです。中居くんは私が初めて身銭(バイト代とか)を切ったジャニーズアイドルです。そりゃ、小学生の頃はマッチとかモックンとかも好きでしたけど、自分の懐を痛めてないのでちょっと外します。

多分、私が抱いているジャニーズアイドル像は当時の中居くんが考えるアイドル像をすりこまれてるんだと思います。だから今の時代には即してないのかもしれません。

「アイドルだって1人の人間じゃん!結婚もしたいしぃ〜」

っつうのはちょっと違うんです。中居くんの徹底した考え方を尊敬しています。そして番組で毅然とした姿勢でキッパリ言ってのけたのもカッコ良かったです。そんな中居くんの意見に黙って頷いて聞いていたタッキーも恐らく中居くんと同意見です。

個人の幸せを尊重する時代になってきてるから、こういう意見は時代遅れになってしまうのかな〜?でも、そうなるとアイドル業って成り立たなくなるんじゃない?って思ってしまうんですよね💦リアコこじらせてなんぼじゃないの???

確かに…ジャニーズだからって、顔だけ良くても生き残れない時代だから他にもスキルがあるSnowManのような職人グループはこれからのジャニーズの強みになると思います。

 

ジャニーさんの教えを守りつつ、新しい分野にもチャレンジしているジャニーズ事務所を、滝沢副社長をこれからも見守っていきたいと思います。…ってことで、この録画はやっぱり消せない。永久保存版です。