pino-milkのブログ 〜日々そこはかとなし〜

徒然なるままに…心にうつりゆくよしなし事を綴ります

パパの休日

なぜか昨日まで4連休だったウチの夫。

家族が仕事や学校へ出かけているのをイイことに、中年の憧れ✨を叶えました。

 

私らの知らぬ間にAmazonに発注していた蕎麦打ちセット

 

 

 

 

 

 

あれ、なんでしょうね?

ある一定の年齢に達すると、誰もがやってみたくなる“蕎麦打ち”。御多分に漏れず、わが夫も勝手に手をつけてしまったようです。

確かに私も「蕎麦打ちって一度やってみたいな〜。」とは言ってことありますが、それは体験教室レベルのことであって、道具をそろえてまでは…💦つか、その道具、どこにしまうん?結構、場所とるよ?

 

 

普段、ウチの夫は面倒くさがってメールとかLINEとか滅多に連絡してこない。もっぱら電話派。こちらが何か質問LINEを送っても

「はい」

とだけ返ってくることもしばしば。絵文字やスタンプなんて、もってのほか!

 

それがですよ…昨日の昼間、私は仕事中なのに、やったら写真を送ってくる💦

 

 

生地できた

 

 

のばした

 

 

 

切る

 

 

 

切った

 

めちゃめちゃ楽しんでんじゃん✨

 

まぁね〜、本人が楽しいことが何より。とりあえず、晩ごはんは蕎麦なんだねーと思って、私も楽しみにして帰ってきました。

 

そして、晩ごはん。



 

 

 

太っ!

 

これは…うどんですか? 

 

そして食感も…粉っぽい……マズイ⤵️

 

蕎麦がき?とも違うような…???

娘は何口か食べて、あからさまにイヤがって

「小麦粘土を食べてるみたい…」

とか隣でずっと言ってくる…。あまりにもうるさいから2/3くらいまで食べ終えたところで、もうご馳走様したら?と娘には提案。でも、でも…今後の夫のモチベーションのためにも私は私は……完食しなければならない💨

訳もなく使命感に駆られて、あの、うどんのような?蕎麦がきのような?ぶちぶちに切れた麺をモグモグと無言で食べました。

 

結婚するまで夫はラーメンと冷凍ピラフ又はチャーハンしか作ったことない人でしたが、カレーに始まり、今では週のうちに何日かは晩ごはんを作ってくれます。褒めて褒めて伸ばしましたもの。

 

「えー、美味しい✨どうやって作ったと?」

 

「コレ、どこに売ってたの?同じスーパーに行っても、私と着眼点が違って面白いよねー」

 

この『褒めて伸ばす』戦略は、夫の料理の腕前には成功しましたが、娘の学力にはほぼ…いや、全く効果ありませんでしたが💦

 

だから、今回もリベンジにつながるように完食しないと!!

 

ふぅ〜、食べ終えて

「次は、もちょっと細くできるかな?」

 

「………。」

夫、微妙な表情で無言。

 

は?まさか、道具を買ったくせに1回でやめんよね?そんなことさせんよ?あきらめさせんよ?

私も蕎麦自体は好きなので、リベンジするように促してまいります。

 

 

しかし、『定年後、趣味の手打ち蕎麦で開店するも失敗』した話題をよくネットで見かけますよね?日曜日の夕方やってる番組『人生の楽園』に出てくるような田舎の古民家で蕎麦屋を開店して…みたいな。あんまりおだて過ぎて、変な邪心を抱かせてはいけません❌。熱量をコントロールしながら夫の趣味を応援していきます。うーん…私の方のコントロールも難いな💦