pino-milkのブログ 〜日々そこはかとなし〜

徒然なるままに…心にうつりゆくよしなし事を綴ります

阿佐ヶ谷姉妹は今、ブームなのか?

11/8(月)22:45〜23:15NHK総合にて『阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし』(全7回)がスタートする。

 阿佐ヶ谷姉妹の2人は、血のつながった姉妹ではないけれど、仕事も生活も共にする“疑似姉妹”。阿佐ヶ谷の町の小さな部屋で暮らし始めたふたりは、個性豊かなご近所さんとの関わりの中でピンクのドレスに身を包んだ“阿佐ヶ谷姉妹”として町を象徴する存在になる。ところが、多忙を極め、四六時中一緒にいることが多くなった彼女たちに訪れたのは“倦怠期”…。ご近所さんたちを巻き込んで2人がたどり着いた“幸せのかたち”が描かれる。姉の渡辺江里子を木村、妹の木村美穂を安藤が演じる。

 

阿佐ヶ谷姉妹のお二人(とくに姉・江里子さんが好き)のことは好きですけど、え?ドラマですか?!しかも江里子さん役は木村多江さん?

番宣を見たとき、「またNHK、えらいところに目をつけたな〜」と驚いてたんですけど、11/6の『マツコ会議』でも阿佐ヶ谷姉妹を取り上げていて、あら?コレは何度目かのブームが来てるってこと?ってのをやっと把握しました。エッセイが10万部の大ヒット、日常動画が400万回再生越えですって。世間の波が全くわかってなくてスミマセン💦

 

お二人とも、話し方・口調が丁寧で上品なのにバカバカしいことを全力でやってくださるので見ていて楽しいんです。FNS歌謡祭で披露していた江里子さんのTHE ALFEE坂崎さんのモノマネとか秀逸でしたし。いままで、姉・江里子さんの言動が私のツボに入って大爆笑したことは何度もあるんですけど、妹・美穂さんの方ではそんなに大ウケした記憶がなかったんですが、今回の『マツコ会議』を見ていて判りました。美穂さんは“素”でちょっとぶっ飛んでるというかズレているというか常人離れしているというか…パンピのワタシなんかが理解できないところで生きているから、ワタシにはよく分からなかったんだな…と。マツコさんが番組の中で「江里子さんがいなかったら美穂さんも成立してない」「美穂さん単独だったらホントにやばいババァだからね」って言ってるのを聞いて、あ、そういうことだったのね?って理解できました。ホント、マツコさんの分析力すご〜い👏👏👏

 

しかし、当の本人達は…ブレイクの自覚なしで。

マツコさんが「34歳と35歳のおばさん同士の友達がコンビを結成してここにたどり着いたってスゴイことよ!」と褒め称えても、2人揃って

「そうなのかね〜?」

と、首をかしげる始末。

「(邪念とか)何にもないのがスゴいのよ」

クイーン・オブ・地に足(マツコ談)

 

 

阿佐ヶ谷姉妹のお笑いは自虐ネタはあるけれど誰のことも傷つけたりしない品のあるネタで、決して一過性のブームとかではないと思います。ドラマの方もチェック、チェック!です。