pino-milkのブログ 〜日々そこはかとなし〜

徒然なるままに…心にうつりゆくよしなし事を綴ります

感謝を述べるはずが愚痴だらけ

くぅ〜〜〜!!

私が繁忙期に突入して土曜日出勤を余儀なくされている間に、『映画おそ松さん』舞台挨拶LIVE  VIEWINGですか……うらやましいじゃないか、コンチクショウ(CV:舘様)

 

先週は、この10数年の“日常”というか“当たり前”に変化がありました。

 

一つはマンションに併設されていた無認可保育園が3月末をもってマンションから撤退したことです。娘が赤ちゃんの頃から小学校に入学するまでお世話になっていた保育園で、小学生になってからも習い事の関係で保育園の先生にはお世話になっていました。マンション内の共用棟にある保育園なので園庭などはなく、その代わり、近所の公園には毎日のように出かけていて、こじんまりとした家庭的な雰囲気で、娘にしてみればホントに第二の我が家のような感覚でした。娘が中学生になってからはなかなか先生に会う機会もあまりなかったんですが、最後ということで先生がわざわざご挨拶にお見えになりました。

 

思い起こせば、娘が8ヶ月くらいのときかな?初めて、その保育園へ見学に行ったときに、先生が

「お子さんは私たちがしっかりと面倒みますので、お母さんは外でしっかり働いてきてください。」

って力強く言ってくれて、当時、職探し中だった私の背中を押してくれたんですよね。あの時の言葉のおかげで今の私と私の仕事があるんだよな〜。

しかもそれまでも薄々は気づいていたんですけど……私って育児に向いてない?というか自信が無い!赤ちゃんだった娘がマグで飲めるようになったのも、トイレトレーニングが成功して紙オムツ(パンツ?)を卒業できたのも、保育園の先生のおかげだと思うんですよね〜。いや、確かにウチでもトレーニングしてましたけど、保育園でも一貫して教えてくれてたおかげで、どちらも気づいたら「あら?できるようになってるね」って展開だったんですよね。絶対、先生のおかげです。

 

保育園にまつわる思い出は良いことばかりだけではなく、キツかった時もありました。娘は無認可保育園に通いつつ2年保育で幼稚園に通ってたので、幼稚園バス(マンションのエントランスに来る)の送迎は保育園の先生にお願いしていました。保育園には娘と同じ学年の男の子が他に2人いて1人は一緒の幼稚園に入園しましたが、もう1人の子はご両親が「保育園でもちゃんと面倒見てくれてるのに、幼稚園に入れる意味がわからない」と言って幼稚園には行きませんでした。当初は残されたその男の子がちょっと淋しそうに見えましたけど、幼稚園は娘が団体生活に慣れるため!意味があることだと信じてウチは通わせました。1年目はまだ良かったんですが、2年目。一緒に通っていた男の子がクラス替えでお友達同士のトラブルに合い、幼稚園を辞めてしましました。そりゃ、保育園はおウチの延長線上だもん、居心地いいよね💦

小学校入学前の大事な1年間の子を2人も預かることになった先生はかなり責任を感じていました。これまではこの年齢であればウチの子のように幼稚園と併用するか近隣の認可保育園へ転園することを薦めてましたもの。幼稚園って月初に1ヶ月分のイベントスケジュールをお手紙でくれるんですが、バスまでの送迎をお願いしている手前、保育園にもコピーを渡してたんです。そしたら……幼稚園とおんなじイベントを保育園でもぶつけてくるんです💢しかも土日とかに!

イベントのことを私より先に娘に言うんですよ。そしたら娘も「行きたぁ〜い💖」ってなるじゃないですか?!そして私に言うときは「時間外なので別料金です」って言うんですよ💢ウチは学童扱いだから別料金だけど、前述の男の子2人は月極だから土日でもフリーらしい…。アホらし…だったら行きません!って途中から断ってましたけど。

 

他にも娘が幼稚園時代は、保育園の先生と幼稚園のママ友の板ばさみで結構キツかったですね〜。いかんせん私はバスの送迎すらやってないから幼稚園のことは何もわからず、保育園の先生に言われるままに習い事のために少しだけ娘を幼稚園から早退させてたら、それを見ていた他のお母さんから「帰りのお歌の途中で帰らないといけないなんて〇〇ちゃんがかわいそう」とか言われたり…かわいそうってなんだよ?上から目線か???

そんな暗黒の幼稚園時代が終えるときには、早くこの“しがらみ”と距離を置きたいと思っていました。

 

はぁ〜、感謝だけでなく愚痴も思い出しちゃった💦

今となっては…苦悩の日々を乗り越えたから今がある???

 

さて、ご挨拶にきた先生は娘とLINE交換がしたかったそうで。卒業生でグループLINEがしたいと。

イイけど、多分、ウチの娘、既読すらつかないよ?クラスのグルチャすら入ってない子ですよ?絶対、無視されると思うんだけど…💦そもそも卒業生って誰だよ?全然知らない学年の子とグループにされても思春期の子たちが賑やかに会話すると思ってんのかな?そりゃないよ。

案の定、次の日、そのグループLINEには32件の未読メッセージの通知が来ていて、娘がめちゃめちゃ引いてました。10年も経ってたら子ども達の関係性も昔と違うだろうに…。

 

 

 

 

 

そしてもう一つ。夫の勤務地が、今までは自宅から車で20分くらいの勤務地だったのが1時間くらいの場所に異動になったことです。これも娘が産まれて数ヶ月の時に、育児に不慣れな私が「人手不足だ〜!ずっと抱っこしてないといけなくて何もできない💦」とパニックになったことで夫が会社に懇願して自宅から一番近くの勤務地に変更してもらっていたんです。

夫よ、もう大丈夫!あの頃と違って、今では娘も全く手もかかりません。私も車を運転するようになって、市内であればどこでも自分で行けるようになりました。存分に働いてきてください。

 

 

夫の通勤に今まで以上の時間がかかるようになったということは、プライムタイム帯のTV番組を夫に気兼ねなく私の好きな番組を見る時間が増えるということ?

って無理くりTVの話しますが、『ドッキリGP』の向井康二Snow Man全員にドッキリのドレミの歌で仕掛けるという…笑って見ていたんですが、最後の「Snow Man全員に」っていうオチで7パターン全部のネタをこーじくんに仕掛けるあたりから雲行きが怪しくなってた気が…。コレ、7つ全部をいっぺんに仕掛けるのはほぼ暴行に近い激しさよ?またこーじのリアクションが大きいのも激しさの印象に輪をかけているようで、途中から私の笑顔が固まってしまいました。1人1個の仕掛けは大笑いできたんですけどね。いや、引くって!

 

おさらいのために…

 

ドは ドッチボールではさまれる

レは レフ板でどつかれる

ミは みたらしが大きすぎる

ファは ファンデーションが臭すぎる

ソは 反るだけ反らされる

ラは ラードのチーズケーキ

シは 新雪を服に入れられる

 

レフ板でどつかれてこーじの両腕の自由が効かなくなった後でのみたらし攻撃&くっさいファンデ…この辺りから「えっ…コレって…ヤバくない?」って笑えなくなって💦ゴメンよ、こーじ。せっかくカラダ張ったのにね。

 

でも結局最後は、画面の隅っこでズッコケた黒川ADに美味しいところを全部持ってかれましたね。あの場面は何度見ても笑えました。顔から転んでバウンドしてましたし💦こーじくん、ドンマイ!

 

 

 

f:id:pino-milk:20220404034729j:plain


そして昨日のお昼に、王将で餃子ランチをしようとしたのに同敷地内にモスバーガーができてるのを見つけてラウールとしょっぴーに吸い寄せられるように目的地変更。基本、モスではテリヤキチキンバーガーかライスバーガーの女なんですけど、昨日はせっかくなのでクリームチーズテリヤキバーガーを試してみました。うん…やっぱりクリームチーズは苦手かな💦でもラウとしょっぴーがいるからモスには通いまーす🤍💙

 

 

 

さ、それではまた1週間、がんばりましょー!