pino-milkのブログ 〜日々そこはかとなし〜

徒然なるままに…心にうつりゆくよしなし事を綴ります

まん防解除とは言うけれど…

なんということだ……コロナの影響で老舗の中華料理店が今月末で閉店となるそうだ。

同社によると、新型コロナ禍による緊急事態宣言などの影響で、売り上げの22~23%を占める宴会需要がほぼ無くなった。また会食自体も感染症対策で人数制限が設けられている中、以前のような客足の回復は見込めず、営業継続は困難と判断した。

 

 

なんともやるせない気持ちでいっぱいです。

小さい頃、大濠公園沿いにある平和楼で生まれて初めて“ジャスミン茶”を飲んだ衝撃は今でも覚えています。昭和の小学生にはジャスミン茶の華やかな香りとさっぱりとした口当たりがこの上なくオシャレに感じてたくさんおかわりしたものです。(タダだし💦)だってまだペットボトルのお茶とかもない時代よ?オシャレなお茶でワクワクして……おかげで何食べたかなんて覚えてないんですけど💦

 

大人になってからは福岡市の中心部・天神へ親と出掛けたときは、平和楼天神本店へよくランチに行きました。天神本店の3階には和食のお店も入っていたりして、同じ建物内で中国料理と和食が選べるので親世代や小さい子連れでもゆったりランチができるお気に入りのレストランでした。

が……うん、最近は確かに行ってなかったな……反省。

『おいハンサム‼︎』でも鋼太郎パパが怒ってたよな💦

 

pino-milk.hatenablog.com

 

閉店までに店に行ければいいのですが、この忙しさからすると多分ムリぽかな〜。

ホントにコロナが憎い💢💢💢

大きな店ほど補助金くらいでは経営は賄えないし、固定費だけでも大きな負担。その状況がこんなに長く続いてしまって身動きとれなくなってしまったんですね。なんでこんな疫病が…って私は今でも納得いかないです。

 

 

小さい時から好きだった中華料理店といえば、福岡市の副都心・西新の福寿飯店。

小学生低学年の頃、福岡市の東側から西側にこれから引っ越すかもしれない、ということでお家の下見に来たときに、父方の祖母や叔母とウチの家族という大所帯で食事をしたのがこの福寿飯店だったと記憶しています。40年くらい前のことを我ながらよく覚えてるな〜💦叔母が皿うどん食べてたのも覚えてます💦💦💦

このお店、春巻きが絶品だったんです。私は他では見たことないんですけど、春巻きの皮が薄焼き玉子なんです。一般的な春巻きの皮を使わずに薄焼き玉子に具材を包んで揚げているんです。珍しくないですか?以前、この玉子の春巻きの話を名古屋から長期出張に来ていた人に話したらすっごく珍しがっていたので、やっぱり珍しいんですよね?

ものすごぉ〜く食べ応えのある春巻きなんです。

でもですね…この福寿飯店も一度閉店したんです。いや、正確には移転してその後閉店していたのかな?……ですが、いつの間にか、また新たな場所で再開してくれていたんです👏👏👏

 

ただ…それがですね…『福寿飯店』っていうお店が2店舗あるんです……。どっちが私が幼い日から通ってた『福寿飯店』かわからず💦💦

いや、いいんですよ…どっちでも…玉子春巻きが食べれれば!

 

コレが玉子春巻きだ!!

f:id:pino-milk:20220309013251j:plain

具だくさんでサイコー!!

刻んだ豚肉、エビ、たけのこ、しいたけ、ネギ、白菜、にんじん…

コレよ、コレ!

 

手が込んでて家じゃムリ!絶対に作れません❌

ホント、みんなに食べて欲しい…。

 

でも、いいの!と言いつつ、この福寿飯店で間違いないよね?って調べるんですけど、いまだにわからないんですよね〜💦この福寿飯店は元々中洲にお店があったという説も浮上してきて、もう片方の福寿飯店は西新から大名に移転して…って記してあるんですけど、現メニューに玉子春巻きが見当たらない…。

 

う、うん、深く考えるのはやめよう💦💦💦

玉子春巻きがおいしければイイじゃないか!?

 

『おいハンサム‼︎』鋼太郎パパの教えの通り、私はこれからもちょこちょこ玉子春巻きをテイクアウトしていこう…。

福寿飯店 092-851-2910 福岡県福岡市早良区南庄2丁目5-7

 

 

と、まあ、こういう復活パターンのお店もあるので、平和楼さんもいつか復活してくださることを願っています。また会う日まで…。