pino-milkのブログ 〜日々そこはかとなし〜

徒然なるままに…心にうつりゆくよしなし事を綴ります

今ごろメリークリスマスです

メリークリスマス

でした。もう、大忙しすぎて、文章書く時間無しです。話題ごちゃ混ぜでお送りします。

 

24日は平井堅の配信ライブまでに晩ごはんの準備まで終わらせないと!

クリスマスケーキは前に住んでた家の近くにあるお気に入りのお店で毎年予約していて、混んでなければ車で片道20分くらいの距離なんだけど、去年、定時後に移動して大渋滞に巻き込まれて20時くらいにしか家に帰れなかったという苦い経験がありまして…ああ、定時まで働いてケーキ取りに行って…とかしてたら間違いなく間に合わない。ってことで、予めPM休の予定を入れてました。

どうせ昼から車でウロウロするなら、晩ごはんは鶏肉専門店の水炊きセットを久しぶりにお持ち帰りしよう!全然、場所とか方向が違うんですけどね。

↑白濁濃厚スープが、さすが専門店の味です。

 

結局12:30くらいに会社を出て、そこから車でスタートです。近所のスーパーで水炊きの肉以外の材料を買い、隣りの酒屋でシャンパン等の飲み物を調達し、モスバーガーで娘と実家のバァバ達のためにモスチキンを2箱買って、実家に立ち寄ってモスチキンとサラダを差し入れして、福岡市の中心部・天神にある鶏肉専門店『とり祥』で水炊きセットを入手して、そこから南下して福大近くのケーキ屋さんで予約したケーキを引き取って家に帰宅…帰宅したのは17時過ぎでした💦天神がめちゃめちゃ混んでたのも原因ですが、福岡市内を4時間半もぐるぐるドライブしてました。結局、定時まで働いて真っ直ぐ帰ってきた時間だよ⤵️

そこから息つく暇無く準備を整えて、夫の帰りと配信開始を待つばかり。ラッキーなことにMステSnow Manのタイムスケジュールも19時前で運良く見ることができましたし💕みっちーとめめの『消えた初恋』再現寸劇は見てるこちら側が恥ずかしくなりましたが、2人ともやり遂げましたね。さすがプロ!


f:id:pino-milk:20211226004612j:image

f:id:pino-milk:20211226004616j:image

 

本当はちゃんと水炊きを味わおうとしたら、食す手順があって、

  1. 最初にスープだけを沸騰させて、湯のみ等に少し取り、塩をほんの少しと小口ネギを入れて飲む。
  2. 次に鶏肉を鍋に入れて、火が通ったらポン酢しょうゆ、柚子胡椒、ネギを付けて食べる。
  3. 野菜を食べる量だけ入れて、ポン酢しょうゆが薄くなったらスープを注いで飲む。
  4. 最後にスープだけを残して“おじや”を作る。水洗いしたご飯の水気を切って、沸騰したスープに入れる。塩で調味して、卵を上からまぶしてネギを散らす。

 

分かってます!分かってるんですが、今回は堅ちゃん優先なので、手順にこだわってる場合ではありません。始めから全部ぶち込んでしまいました💦

あ、そうそう博多水炊きに入れるのは白菜ではなくキャベツです。知ってました?そう考えると博多ってもつ鍋と言い、ホントにキャベツをよく食す文化です。

 

で、当の『Ken’s Bar 2021 -ONLINE-』ですが、全編モノクロ映像で、始めこそ『Ken’s Bar』の雰囲気だなぁと思って観てたんですが、さすがに2部構成の2nd stage途中あたりから「なんでずっとモノクロなん?4Kテレビの意味ないやん!」という感情も…。

1年ぶりのライブとあって、堅ちゃん緊張ぎみなのか?なんとなくMCが…どうした?平井堅???という内容で。MUJIカフェでの失敗話を長々と引っ張ってた時は、正直、お茶の間が気まずい雰囲気になりました。やっぱり無観客って相手の反応が肌で感じ取れないから1人で喋るってプレッシャーですよね。

 

1st stage

  1. #302
  2. ラストダンスは私に
  3. 鬼になりました
  4. the flower is you
  5. 君の好きなとこ
  6. 知らないんでしょ?
  7. 写真

2nd stage

  1. half of me
  2. ナウ ロマンティック
  3. ポリエスルの女
  4. K.O.L
  5. かわいいの妖精
  6. KISS OF LIFE
  7. センチメンタル

 

私が真剣にセトリをメモっている傍らで、夫と娘はバカ話で盛り上がってキャッキャッと笑っておりました。夫がツマミで買ってきたコーヒーピーナッツをウサギのフンみたいだと…そんなんで盛り上がれるって💦ね?アホでしょ?

1st stage最後の『写真』は堅ちゃんが亡くなったお父さんを想って作った曲。発売当初の頃、ウチの夫も亡き母を想ってかなりの思い入れがあった曲なんだけど、娘の前で感傷的になりたくなかったのか、よりによってこのタイミングでウサギのフン話って。サイアク〜。

 

2nd stageはご存知『even if』のインストで幕開け。

1曲目『half of me』は相変わらず名曲で、じんわり涙目になったところで、2曲目?え?この曲なんだっけ???

 

えええっ!

ナウ ロマンティック?!

 

KOJI1200ですか?

お若い方はご存知ないだろう…1995年に今田耕二さんが歌っていた……堅ちゃんはご自分のデビュー年であるこの年にかなり思い入れがあるようです。

毎度のごとくあまりにも軽やかに堅ちゃんが歌い上げるもんだから、同一曲と気づくのに時間かかりました。イロモノ感を全く感じさせず。

いや、その選曲センス…ステキ過ぎます💖

 

ナウ ロマンティック

ナウ ロマンティック

  • KOJI 1200
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 

個人的に『ポリエステルの女』とか『かわいいの妖怪』が大好きなので、セトリに入っててラッキーでした。大好きだけど『かわいいの妖怪』はカラオケで歌おうとして挫けた記憶があります。音程や早口のような歌詞に迷いがあるうちは手を出しちゃダメなやつ。こういうのを難しいと気づかせずにサラッとチカラ抜いて歌いこなしてるとこが、やっぱ堅ちゃんカッコいいんですよね〜。

 

堅ちゃん自身50代という節目を迎えるにあたって、色々と考えるところがあるようなんですが、ずっと歌い続けていてくれれば…あのしなやかな歌声をこの先もずっと聴き続けたいと心から思います。

 

 

ところでAmazonからやっと届いたもう一つのクリスマスプレゼント。

 

f:id:pino-milk:20211226022558j:image

いいぞ、しょっぴー!美しい✨✨✨

男性の化粧に対して肯定も否定も無いんですが、顔面真っ白白、唇は真っ赤で、いかにも塗ってます!な若手男性アイドル(もはや日本人か韓国人かも判らない)は、正直、ちょっと引いちゃいます。そこ行くと渡辺翔太さんはonもoffも肌に自然なツヤがあって、毛穴が見えない!努力の賜物なんだろーなー。

「肌がキレイだと前向きになれる」

「 好きなことは生きる力になる」

「これからも自分に正直に、好きなことは好きだと言っていきたい」

もう名言すぎて…そう力強く言える翔太くんを尊敬します。

 

ニノさんSPの大阪高エステロケも見ました。

3色のLEDライトが光ってアノ変面のようなマスクを被せられたときは、シュールすぎて、え?コレ、顔見えないじゃん!翔太くんじゃなくてもよくない?って笑ってしまいましたが、マスク外した直後の嬉しそうな顔…アナタの笑顔がファンには至高のエステです💙脳脊髄液スパでむくみをとるマッサージで唇をつままれててアヒル口翔太くんになってて…めちゃくちゃカワイイじゃないか!?

このエステコースの中で、唯一「それなー!」と同意できたのははちみつのヘッドスパ!コレだけは私もやったことある!!追いはちみつ「めっちゃハニー!」確かに同じ感想です。ハチミツを髪に直接かけたらベタベタで絡まるんじゃない?って初めましてのときは思いましたもん。全然!そんな心配無用で、ハチミツの香りで癒されながら、しっとり感もしっかり持続します。スパ後、微弱電流で栄養を髪の毛内部に届ける工程を経て翔太くんの髪の毛のツヤ✨にビックリ!パーマヘアでしたよね?サラサラストレートになってるよ?

翔太くんの美意識活動はまだまだ止まらないですね。勉強になるから、どんどん発信していってほしいです。

 

 

以上が2021年のクリスマスに目まぐるしく押し寄せたネタ集でした。収拾つかない文章を最後までお読みくださって、ありがとうございました。