pino-milkのブログ 〜日々そこはかとなし〜

徒然なるままに…心にうつりゆくよしなし事を綴ります

私がHABA信者になったワケ

HABAのスクワランオイルを知ったのは今から18年くらい前。当時は基礎化粧品からメイクまでAWAKEをライン使いしていて 、30,000円の高機能クリームとか15,000円のアイクリ ームとかも使っていました。
でも30歳を過ぎたころに、この先、出産や子育てで思うように働けなくなったとして、このラインの化粧品をずっと使い続けていけるのか?という迷いもあって、もう少しシンプルで安価な基礎化粧品を探そうと思い立ったんです。


そこで目に付いたのがHABAから発売されたばかりのビタミンC美容液『ホワイトレディ』でした。美容液と一緒にローションとスクワランオイルをサンプルで試してみることにしました。それまで導入、 ローション、美容液、乳液、クリーム、アイクリームと数種類をべたべた塗っていた労力と時間は何だったの? と思うくらいシンプルお手入れ。
美容液→ローション(5回づけ)→スクワランオイル→アイクリー ム
しかもベタベタ塗っていたころは、塗り終わってべたついた頬を手で触るとか考えられなかったのに、HABAに変えてからは肌が柔らかくなって逆に頬に触りたくなったんです。お!調子いいぞ⤴️って確認したくなる感じ。

 

毎月、『無添加通信』という会報誌が家に送られてきて、その中に HABA創業者である小柳昌之氏がいろんな著名人の方と対談するコーナーが毎回ありました。そのコーナーを数カ月、数年、拝読しているうちにすっかり小柳氏の熱い信念に感化されて、深く私の記憶に刻まれました。残念なことに小柳氏は2019年2月にご逝去されましたが、そのポリシーは今もHABA商品に引き継がれていると私は感じます。
小柳氏の無添加へのこだわりが垣間見える古い記事を見つけました ↓。

当時は化粧品公害が脚光を浴び始めた時期でした。肌のトラブルに悩んでいる女性は多い。いくら栄養を摂っても、肌だけは治らない 。それが化粧品に含まれるパラベンや乳化剤によるダメージです。 それで、肌を健康に保つ化粧品を無添加で作ろうと決心しました。 その後、関連文献や資料を読み漁ったりしてとにかく勉強しました ね。そしてスクワランを見つけたんです。

 

そう、私が20年近く前に拝読した『無添加通信』の中で印象に残 っている内容は

  1. クリームを作るためには、本来混ざることのない油と水を乳化させて混ざるようにしないといけない。そのために乳化剤や界面活性剤という化学物質を化粧品に配合する…これはクリームを使うたびに肌の上で実験を行っているようなものだ。
  2. 季節によって肌質が変わったり、個々人によって肌に必要な水分量も油分量も違うのだから、オ ールインワン化粧品は絶対に作らない。

 

小柳氏が代表を退いた後も、HABAは上記の信念を変えていないと思います。HABA商品の中でクリームやオールインワン化粧品を見たことありません。コレって本当に素晴らしいと思います。武士に二言ナシ!
他の企業ですが、「石鹸だけでお肌を健やかに保ちます」とか言ってたくせに、代表が変わった途端に主力商品にローションやらクリ ームやらガンガン増やしてきた会社もありましたもの……。

 

 


スクワランオイル使用時のコツはつけすぎないこと。オイルでフタをする前にたっぷりの水分(ローション)を肌に与えること。しかもローションは1度ではなく少量ずつを5回くらいに分けてハンドプレスで優しく水分補給。最後にスクワランオイルを1滴(乾燥するときは2滴)を肌の奥まで届けるようにハンドプレス。『無添加通信』にすっごく判りやすい例えで解説してました。

 

「植木鉢にジョウロでお水を与えるときに、いっぺんに水を与えると鉢から水が溢れてしまって結局植物の根っこに水分は行き届かない。土に吸収するのを見計らって少しずつ水を与えるように、お肌の状態をハンドプレスで確認しながらローションを少しずつ与えていきましょう。」


な~る!確かに。

最近は5回づけが面倒なのと乾燥対策&エイジングケア効果を狙って、1度づけでOKなディープモイスチャーローションを使ってます。楽~~♪

 

 

この20年で学んだこと。
基礎化粧品には劇的な変化を望むより、肌への優しさ重視で毎日安心して使えるモノを選ぶべき。
劇的な変化が起こるということは、結構キツめの成分が配合されて いる…かも?


ニキビができやすい思春期の娘にもビタミンCとミネラル配合のホワイトレディを買い与えています。ニキビ跡も残りにくくなるので、気に入っているようです。

 

 

 

基礎化粧品ジプシーの方は、一度お試しあれ。