pino-milkのブログ 〜日々そこはかとなし〜

徒然なるままに…心にうつりゆくよしなし事を綴ります

娘に『親ガチャ』判定、聞いてみた

親ガチャ……?

お兄ちゃんガチャじゃなくて???

 

ちゃんとドラマを見たことはないんだけどさ💦

でも親ガチャって響きは、このドラマみたいなライトな感じでは無さげですね⤵️一親等だし。

 

親ガチャとは

子どもの立場から「親は自分では選べない」「どういう境遇に生まれるかは全くの運任せ」つまり、どのような親のもとに生まれてくるかによって人生が決まってしまうという意味で使用されている。

 

 

先週、昼からの在宅勤務のために帰宅すると、夫がリビングで坂上忍のバイキングを見ていた。話題が件の親ガチャのことで盛り上がってた。

娘は学校に行っててその場にいなかったんだけど、夫と「うわー!ウチの娘はハズレとか言うんだろうね〜。」と、話してました。

 

だってさ、ウチは普通のサラリーマン家庭で裕福でもないし、共働きだから小学校高学年くらいから1人でお留守番とかもさせてたし、勉強しろって毎日ウルサイし…数えあげたらキリがないくらいのマイナスポイントつけられそうで💦娘がリアルに考える親ガチャ判定を勝手に予想するだけでブルーになってくる⤵️⤵️⤵️

ここ1、2年で言うと、娘のテンションにもよるけどワタシには結構いろんなことを話してくれていて一緒に推しの動画を見たりしてキャッキャと戯れてますけど、夫には冷たい…夫が帰ってくると、今までリビングのテレビで見てた動画も慌てて消して自分の部屋に行ってしまう…思春期ですねー💦確かに側で見ていて夫がちょっとウザい絡み方をしてるなぁと思うときもあるから、娘の気持ちもわかる。けど、アレが夫の精一杯の愛情表現なんだろうと思うと、夫がいない時、娘に「パパ、かわいそうだよー。めんどくさいやろうけど、ちょっと付き合ってやってよ。」と耳打ちしてみる。めっちゃ、拒絶されるけどさ💦

 

 

週末にお昼ごはんの準備をしている私の隣で娘が推しグループの配信を聞いていて、そのグループの1人が「自分の親ガチャはアタリだ!」と言った。経済的な面で何不自由なく過ごせているからという理由で。お!今かな?
ちょっと怖かったけど、娘にマジメなトーンで聞いてみた。
「○○ちゃんの親ガチャはどっち?」
それまで配信をニタニタ笑いながら聞いていた娘の顔が一瞬こわばって私と目をガッチリ合わせた。多分、私の目がマジだったんだと思う 💦

 

「え?……アタリ…だと…思う……。」

 

やったー❗️ヤッタァ~~~‼️

内心めちゃくちゃ嬉しかったんだけど、顔がニヤけるのを我慢して続けて聞いてみた。

「なんで?どういうところが?」

 

「金銭的な面でよ?私が今まで困ってないから。」

 

とのことです。どうも、娘の推しグループの彼もそうだけど、娘の判断材料は金銭的理由で行動範囲を狭められてるか否かでアタリorハズレの線引きがされているようです。
理由がどうであれ、『アタリ』と言われたことにとりあえず機嫌よくなる母。たんじゅ~ん♪

 

確かに…ガチャって響きはオモチャ感覚のライトなイメージなので 、アタリorハズレの判断材料は経済面や金銭的理由で人生の選択肢を制限されるか否かという点だと私も思います。が、ワイドショーとかヤフコメの内容を見ていたら、もっとハードな理由でハズレの例を挙げてる人がいて、いや、もうそれ、 ガチャとか言ってる場合じゃないよね?確かに親を選べないっていう意味では同じなんだろうけどさ…と複雑な気持ちになります。
児童虐待とか育児放棄とかって、もはや犯罪でしょ?ガチャっていうレベルじゃないと思うんだけど…。親ガチャのアタリorハズレ関係なく、見つけ次第、外部からの救いの手を早急に差し出さなきゃいけない案件です。同等に扱うべきものではないと思うんですが?

 

あと、多分、ちょっと世論と私の意見が違うのは…日本って資本主義の国だから、高等教育まで平等にする必要はないんじゃないかと思っていることです。みんな平等に教育を受けさせて…って、大学まで平等にする必要があるのかな〜?それって社会主義とか共産主義の考え方じゃないのかな~?今現在既に、義務教育どころか公立高校も無償となって教育への経済的支援はなされている方だと思います。それでもまだ足りない? 自分(や家庭)の責任と努力の範囲でできる限りのことをしたらいいんじゃないかと思うんですが、なぜ他人のせいにしてまで無理をしようとするのかが私には理解できない。 本当にやり遂げようとしている人であれば、現実的な計画を立てて、働きながらでも学ぶことはできます。ものすごく大変なこととは思いますが、それも覚悟の上で。私の姉は若い頃、働きながらUSCPA(米国公認会計士)の資格試験に合格した人なので、働きながらの学習というのが本当に大変なことだということも身近で見ていて知っています。努力と覚悟が必要。 ヘタレの私にはムリ。自分の力量だけではどうにもならないことを嘆いて愚痴るヒマがあるなら、できる範囲で可能性を地道に広げていった方が幸せだと思うんだけどな。

以前、シングルマザーのパートの方が、息子さんが地元の私立大学に合格したから、返済義務のある奨学金を借りる手続きの電話を会社からかけていて、「もしものために…」と言って不必要にいっぱいいっぱい借りようとしているのが聞こえてきました。う~ん… でもそれ、将来、息子さんの借金になるんだよな~ と思いながらその電話を聞いてました。そして、 私も娘のために準備しとかないとな~とぼんやり考えてました。

 

といういことで、娘の親ガチャが『アタリ』であり続けるために、 母はこれからも仕事がんばります!
でも、コレって我が子を愛している親、ごく普通の親にとってはすんばらしい原動力なのよ?
だから若い皆さん、ご自分のご両親に自信をもって「ウチの親ガチャはアタリだよ💖」って伝えてください。

 

 


ちなみに、私も自分の両親(ジイジとバアバ)を親ガチャとして判断するなら『大アタリ』です。ずっと大好きです💕